活動紹介 Activities

ホーム » 活動紹介 » 企画運営チーム

企画運営チーム

2019年10月16日 企画運営チーム
台風19号に関する情報 有关台风“海贝思”的信息

り災証明書・災害被害確認書の発行について(有关受灾证明书·受灾确认书的发行)

■发行申请窗口:10月15日(星期二)~20日(星期日)市政府大厅1楼 特设窗口

                       10月21日(星期一)之后 …… 收税课(市政府2楼25号窗口)

 

■发行申请对象:受灾的市内住宅以及其附属的道具等

 

■申请时需要的资料:

 ①能确认受灾情况的东西

  (照片,自灾害发生的当日起90日以内发行的修理预算费用明细等)

 ②申请人的印章以及身份证

  (如果不是受灾的本人申请,需要委托书)

 ③申请书

   受灾证明书·受灾确认书 交付申请书

   填写样本

 

■申请受理期间

 因台风19号(海贝思)的受灾证明是从10月15日(星期二)上午8点半开始受理。

10月22日以外,10月份每天受理。灾害发生的当天起90日以内。

(但是,如果受灾情况因果关系能确认时超过90日也可以受理。)

 

災害ごみの対応について 有关灾害垃圾的处理

 关于足利市因台风19号(海贝思),家庭等地方发生的灾害垃圾,如下处理。

 

■回收地点:足利市野田町951 足利市农业研修中心运动场

               (野田町826 足利市南部清洁中心东侧)

  ※请大家亲自搬到上述地点。

  ※不能扔到平时扔的垃圾回收地点。

 

■回收开始日期&时间:2019年10月14日(星期一)~  8:30~17:00

 

■回收品目:因台风19号的受灾垃圾

                ① 可燃垃圾  ②不可燃垃圾  ③木头   ④被子

                ⑤榻榻米 ⑥家电(电视,冰箱(里面要清空),空调(室外机),洗衣机)

  ※按回收品目区分后等。

  ※搬入的时候请携带身份证,按照指挥请搬到指定的地点。

  ※委托专业公司搬入时,请委托被许可的专业公司。还需要能确认委托人姓名,地址的文件。

      直接搬入时,南部清洁中心费用给减免(专业公司不用付费)

  ※南部清洁中心不能回收的,处理困难的垃圾不能回收。

  ※只回收这次灾害发生的垃圾。

  ※超过4吨车(高2.8米)时请联系南部清洁中心。(电话:0284-72-5300)

 

■对象  足利市民

 

■费用  免费

 

■联系电话   指导担当···0284-71-4192

                 南部清洁中心···0284-72-5300

                 总务·管理担当···0284-20-2142

 

道路和河发生的垃圾,请各自治会等聚集到一个地方。

等结束后,请向市政府联系地点,自治会长代表姓名等。市政府将会日后回收。    

 

 因大雨而进水住宅的消毒

■消毒对象:地板以上进水,地板以下进水的住宅

 

■消毒内容:受到进水灾害的住宅地板下面以及房屋周围(建筑物外壁)为中心消毒。

 

■受理时间:10月14日(星期一)~ 8:30~17:15

 

■受理窗口:健康增进课  电话: 0284-22-4511  0284-22-4512  0284-22-4513

                                  传真:0284-21-7050

 

■消毒顺序:

              1.用电话等联系上述窗口,听取受灾情况。

               2.之后会联系,调整日期,等日期定下来后,职员到现场进行消毒。

 

■消毒之前的请求:

消毒之前,请各自进行如下事项。

 

·地板下面进水时 ①处理房屋周围和地板下面不需要的污泥等

                      ②用抹布吸地板下面的水,用电风扇等通风,尽量弄干。

 

·地板上面进水时 ①处理房屋周围和地板下面不需要的污泥等

                       ②处理湿的榻榻米和家里不用的东西。

                       ③用水冲掉或用抹布擦掉有污泥的家具,地板,墙壁等后弄干。

                        如果需要用适度的消毒液消毒。

                        ※过度使用消毒液时会对人体有影响,请按照使用说明书上的指示,

                           尽量用最低限度的消毒液,注意不要发生意外事故。

                       ④请擦干净食器架或冰箱等,再用消毒用酒精等擦。

                       ⑤用水洗掉食器和料理道具等后,用热水或家用漂白剂进行消毒。

 

·预防食物中毒,传染病

                       ①检查接水槽的安全性的卫生,确认后使用。

                       ②喝饮用水。

                       ③被水掩的食品和因停电而没有冷藏或冷冻的食品要尽量扔掉。

                       ④吃加热的食品。

                       ⑤感觉身体不适时请尽早看病。

                       ⑥避免疲劳,尽量修养。

 

2019年10月11日 企画運営チーム
アジアディ in Ashikaga 2019(中止のお知らせ)

 

《中止決定》

 アジアデイ in Ashikaga 2019 は、

 台風19号接近に伴い、安全確保のため中止となりました。

 

足利市・済寧市友好都市締結35周年記念 

 アジアディ in Ashikaga  2019

 

ステージ中国文化セミナー

        中国伝統芸能(黄梅劇、琵琶・二胡演奏、変面)

      歌と踊りで楽しむアジアの各国

 

フロア: One-Day Trip to Asian Countries

      アジア各国のお茶やお菓子

      日本文化紹介

  

日時:2019年1013日(日曜日)13:30~16:00

 

会場足利市民会館 小ホール

 

 入 場 無 料

 

  

 

 

    

2019年4月4日 企画運営チーム
2019年度定期総会・記念講演会(終了)

2019年度定期総会を開催いたします。

2019年度の事業計画や予算案についてご協議いただきます。

会員の皆さまにはすでに通知をお送りいたしております。ご出席、ご欠席につき、同封のハガキにてご返送いただきますようお願いいたします。

■日 時 : 2019年5月18日(土) 午後1時30分~

■場 所 : 足利市生涯学習センター302号室(定期総会終了後) 

 

記念講演会

国内外での豊富な日本語教師の経験から、日本語教育の現状や多文化共生時代の日本語教育の重要性などについてお話しいただきます。

■日 時 : 2019年5月18日(土) 午後3時00分~

■場 所 : 足利市生涯学習センター302号室

■演 題 : 「多文化共生時代の日本語教育」

■講 師 : 中尾 有岐 さん

         長野県下伊那郡平谷村 地域おこし協力隊

         元国際交流基金日本語国際センター専任講師

■ 入場無料

 

 

2015年2月1日 企画運営チーム
多文化共生推進事業(足利市委託事業)

 「多文化共生」とは、国籍、文化、習慣などの違いにかかわらず、在住外国人とともに、誰もが地域住民として認め合い、対等な関係を築きながら、共に地域社会で生き、互いの文化を尊重し、学びあい、支え合っていくことです。

 足利市国際交流協会では、平成20年から足利市より委託を受け、多文化共生社会推進のためのイベントを開催しています。

 

第11回 インドネシアデイ in Ashikaga 2018

2018年10月14日

第10回 ベトナムデイ in Ashikaga 2017

2017年11月11日

 

第9回 フィリピンデイ in Ashikaga 2016

2016年11月5日

 

第8回 アフリカデイ

 in Ashikaga 2015

2015年11月22日

第7回 インターナショナルデイ 

in Ashikaga 2014

2014年9月28日

第6回 インターナショナルデイ 

in Ashikaga 2013

2013年11月16日

第5回 インターナショナルデイ 

in Ashikaga 2012

2012年11月25日

第4回 インターナショナルデイ

in Ashikaga 2011~つながる世界~

2011年11月20日

第3回 アジアデイ in Ashikaga 2010

~あしかがのなかのアジア~

2010年10月17日

第2回 ルーマニアデイ

~知られざる東欧ルーマニア

2009年10月18日

第1回 ブラジルデイ

~感じ合おうブラジルの風~

2008年10月18日

Copyright c Ashikaga International Association All rights reserved.